2010年03月12日

稲葉さんからの手紙

月曜日

B'zのライブの余韻に浸りながら会社に行き
頭の中は音楽でいっぱいの中、仕事をしてました
こんな状態は久しぶりだなぁかわいい



そうそう、私は今の会社ではパートで働いていて
しかも会社では初のパート採用だったこともあり
「事務」兼「雑務」でマッタリと仕事をしてるのだビル
違った!バリバリと仕事してます(*^m^*)ムフッ

雑務の中には「お昼になったらポストに郵便を取りに行く」という
忘れがちなあせあせ(飛び散る汗)かわいい仕事の当番になっているのですがメール


月曜日の郵便をチェックしていると・・・


なんと!!



稲葉さんからお手紙が〜

おぉ!!!この名前は?!

印鑑の名前、見れるかな?


まだ働き始めて1ヶ月

取引先さんに「稲葉さん」がいるとは思ってもみなかったので


なんだかドキドキ〜(笑)


午後からの仕事も、なんだかとっても和んでしまいましたぁるんるん
posted by kaede at 12:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 楓☆つぶやき

2010年03月11日

B'zのライブ

3月6日土曜日に、妊婦の時以来
ひっさびさにB'zのライブに行ってきましたるんるん


B'zのライブ IN 東京ドーム♪
(これは会社の最寄り駅にあった看板)


妊婦の時以来ってことは・・・
3年半ぶりだーぴかぴか(新しい)


最近はグッズは買わないんだけど
B'zの「がちゃがちゃ」があるので、それはGETすることに
1回500円なので、2回やりました〜手(チョキ)


がちゃん


がちゃん


B'zのスタンプとイヤホンリール(白)をGETかわいい


早速、持って写真撮影(笑)

ガチャガチャ持ってチーズ!

ハイ!東京ドームです



そして、最近設置されたらしい
ジャイアンツの原監督と「グータッチ」
原監督とグータッチ!!
あははー(^O^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ライブは松本さんのソロからスタートです♪

久しぶりだからか

涙がドーッと出てしまいました(T_T)



松本さんの演奏が素晴らしいのは当然のこと
正直、演奏の上手下手なんて全然分からない私ですが
ボロボロッと涙がでるなんて
松本さんの演奏に感動するなにか(魔力?)があるんですよねぴかぴか(新しい)


ライブ中はステージに釘付け(?)だったので
愛のバクダンの時に爆弾が割れてフーセンとかが落ちてきたのに全くきがつかず(-_-;)
後で、なんでフーセン持ってるの?
と聞く始末・・・あせあせ(飛び散る汗)



でも

たくさん歌って


たくさん動いて


たくさん叫んで


たくさんストレス発散して



とにかく、とっても楽しかった夜でしたるんるん




プリンは、おばあちゃんに預ってもらったのですが
おばあちゃん、あん吉くん、他実家のみんなに
協力してもらたからこそのストレス発散

みんな、どうもありがとうぴかぴか(新しい)

と言ってもこれ見てる人は・・・その内1人??(笑)


また来年もライブに行きたいなハートたち(複数ハート)
よろしくお願いしますキスマーク


そして、一緒に行ってくれた真貴ちゃんも
どうもありがとうねハートたち(複数ハート)
posted by kaede at 12:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楓☆つぶやき

2010年03月01日

お留守番犬

私が働き始めたことによって
急にお留守番犬になってしまったジャム


ソファだ〜

ひなたぼっこだ〜

今度は冷たい床だ〜

やっぱりカーペットだ〜

楓ちんの膝の上だ〜


今まで毎日きままに部屋のあちこちで
お昼寝してたのに
今はゲージの中で寝てるんだろうなぁ

そう思うと可哀想あせあせ(飛び散る汗)



でも、ワンコはお留守番の時には
広い部屋に自由にさせておと
「お留守番の間、私が守らなくっちゃ!」
って範囲が広くなりストレスにもなるらしいあせあせ(飛び散る汗)

それならばゲージに入れといた方が
「ここは安全!」って自分のテリトリーにいられるし
「守る範囲が狭く、安心」ってことみたい。


ゲージでのお留守番は可哀想かなぁ
と思う反面、これでいいんだよね
と毎朝でかけています。




赤ちゃんの頃のジャムはお留守番というと
ペットシーツをボロボロに引きちぎったり
ゲージの中をひっちゃかめっちゃかにして
ウンPもしちゃってて

なんじゃこりゃ〜もうやだ〜(悲しい顔)
って状態を毎回してたけど。


もう5歳のジャムは大人ねぇ
とっても素敵にお留守番できるようになったよぴかぴか(新しい)
posted by kaede at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | jam★日記