2006年04月10日

4月8日は何の日?

土曜日。
いつものように散歩に行くと、どこからか御囃子の音。
お祭があったっけ??
と、音のする方へ・・・

お囃子♪

お〜!!
オカメが獅子舞と一緒にいますよ。
お囃子の皆さんはじっちゃんばかりの渋い一団。


今日は何の日だっけ?


おや??このお花に飾られた物体は??

このお花に飾られた物体は!?



あっ
こ、これは!!!


じゃじゃ〜ん☆ お釈迦様!!

お釈迦様じゃ〜ん


そうでした。そうでした。

今日はお釈迦様の誕生日でした。
花祭りかわいい ですね!


ちなみに
 〜灌仏会〜

灌仏会(かんぶつえ)は、毎年4月8日に釈迦の誕生を祝う行事。

日本では、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たす。誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけて祝う。
甘茶をかけるのは、釈迦の誕生の時9つの龍が天から清浄の水を注ぎ産湯を使わせたという伝説に由来する。

宗派に関係なくどの寺院でも行う。甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもする。

関西では月遅れの5月8日に行われる。

降誕会(ごうたんえ)や仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)の別名もある。




花祭りと分かったんだから
早速、お釈迦様に甘茶をかけました。
そして、ツツツッッと脇にそれて甘茶も飲んできました。
ほんのり甘いお茶。子供の頃を思い出す〜。




いつも遊んでいた公園の奥の方に、人が入ってくのを見たことがない建物がある。小学校低学年だった私は友達と4月8日に何故かその場所に行ったのだ。

たぶん、入れないと思っていた場所にジジババが入ってくのを見て、入れるなら行ってみようぜ〜!と思っての行動だと思う。

するとちっちゃな像が茶色い液体の中に立ってるじゃ〜
ないですか。
ちらほらいるジジババはその像に液体をかける。
そして・・・飲む!!!

小学校低学年といえば、物事をなにも知らない馬鹿ですよ。
そんな私はもちろん、ジャバジャバお釈迦様に液体をかけ、
ガボガボ甘い液体を飲みまくった(笑)

そんなには美味しくないんだけど、タダで甘い飲み物が飲めるなんて、そりゃガボガボ飲むでしょう(爆)


そんなタダ飲みした液体が甘茶だってことを、ちっちゃい像がお釈迦様だってことを、いつの間にか知ったんだよね。
ガボガボ飲んだだけに、忘れられない日。 花祭りかわいい




甘茶ガボガボした過去を持つヒトは素敵なワンクリックしてねキスマーク
ポチッとしてくれたらjamも小躍りします♪
 ↑ 1日1回有効のランキングにポチっと一票を☆
posted by kaede at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 楓☆つぶやき
コメント大歓迎ハートたち(複数ハート) ジャンジャン書いてってね!
コメントを書く ↓
お名前♪

メールアドレス♪ (mail to管理人にだけ公開されます!)

ホームページアドレス♪

コメント♪

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16386160


Excerpt: 花祭り花祭り 釈迦の誕生日を祝う祭り、灌仏会の別名 アンデス山脈|アンデスのフォルクローレ、ウマウアケーニョの日本での題名 愛知県奥三河地方を中心に行われる重要無形民俗文化財の郷土芸能。本項で記述。 ..
Weblog: 祭りならどんと来い
Tracked: 2007-08-11 12:59