2013年11月13日

僧帽弁閉鎖不全症

検査の結果は
僧帽弁閉鎖不全症でした


僧帽弁は左心房と左心室を仕切っている弁のこと

血液の流れは
通常:左心房→僧帽弁→左心室→大動脈→肺や身体へ

ジャム:左心房→僧帽弁→左心室→一部逆流して左心房→?


レントゲンの説明
左の心臓、左心室が肥大している

エコーの結果
僧帽弁がうまく閉じない為に左心房へ血液が逆流している。その結果、大動脈に血液を流すのに力がいる為に左心室が肥大している

レントゲンの説明
僧帽弁閉鎖不全症がひどくなると肺水腫になる可能がある。その場合はレントゲンの肺がスリガラスのようにくもって写るが、今はくもってなく大丈夫。


ザックリだけど、心臓はこんな感じ
更にちょっとしたのがもう一個あるのよ〜(>_<)



写真に撮られるのキライなのね〜
目なんかつぶっちゃってさ
寝たふりしてるよ(笑)
SBSH0128.JPG
posted by kaede at 16:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | jam★日記
コメント大歓迎ハートたち(複数ハート) ジャンジャン書いてってね!
僧帽弁ね
小型犬はなりやすいって言うよね
ってまだ他にもあんのね・・・・
Posted by よっし〜 at 2013年11月14日 17:44
☆よっし〜さん

僧帽弁閉鎖不全症はポメラニアンとかに多いみたいなのよ、そこ遺伝しちゃったか〜・゚゚・(≧д≦)゚・ガックシ
Posted by kaede at 2013年11月14日 18:10
すごい難しい病名・・・
その後ジャムちゃんどうですか?
寒くなってくると人間でも心臓に負担がかかるから心配だね。
これからも一緒にお散歩したいんだから、元気でいてくれなきゃ困るんだよ〜

まろんはその後特に変わった様子はないの。
とはいっても全然安心できないけど、
あのままあの日のことは悪夢で終わってほしいと願っています(*_*)
Posted by まろんまま at 2013年11月28日 12:47
☆まろんままさん

まろんちゃんが変わった様子もなくいられてよかったよ!

ジャムも変わらなく「元気!」
本当に病気なのが信じられない

T先生からはジャムに「病気だから」とネガティブな発言はしないよう、言われたよ
ジャムもみんなの反応が違う?!あれ?私、病気なのかしら?
って本人も気にするからって
「病も気から」って言うし、それでガクッと調子が悪くなってしまうのが怖いから、今まで通りにしてます

ジャムは僧帽弁閉鎖不全症(本当難しい名前!)のレベルで考えたら、何も様子が伺えないのがおかしい位に元気みたい

このまま、まだまだ元気でいて欲しいわ

まろんちゃんとも、もっとおばあちゃんになる前にまた会いたいしね(*^_^*)
Posted by kaede at 2013年11月28日 16:26
コメントを書く ↓
お名前♪

メールアドレス♪ (mail to管理人にだけ公開されます!)

ホームページアドレス♪

コメント♪

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/380127801