2005年12月15日

肝機能障害の検査結果。

再チャレンジで、動物病院に行ってきました。
さて、結果ですが・・・

数値、下がりました〜!!

GPTという肝機能障害の数値ですが
ちなみにGTPとは
Glutamic pyruvic transaminase(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)の略で、トランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素である。肝臓に多く含まれる。このGPTが高値の場合、肝臓病(急性・慢性肝炎・脂肪肝、アルコール性肝炎など)が疑われる。



正常値(犬) : 13〜53 U/L
jam 
 6月24日 : 73
11月14日 : 113
12月15日 : 69


正常値より若干高いですが、なんとか危機は脱出しましたぴかぴか(新しい)



今日は動物病院が混んでいたので順番がくるまで結構待ったのですが、他の待ってる方達が気さくな人達だったので、ワンコ話で盛り上がって待つのも楽しかった〜ハートたち(複数ハート)


さてjamの順番がまわってきました。
獣医さんに「ジャ〜ムちゃ〜ん揺れるハート
と呼びかけられると、嬉しくって耳を倒し、シッポぶんぶんで暴れて大喜びをするjam。
獣医さんに抱っこされてウキウキだが、この後まさか採血されるとは夢にも思っていないんだろう(笑)
ウキウキしたjamは奥の部屋へ。私はまた待合室で待つ。この病院には「いぬのきもち」が置いてあるので読みたいのだが、他の方達と話が盛り上がり読む暇なし。ちょっと残念アセアセ
この本、いっつも買おうか悩む。でも年間購読なので、やっぱり止めちゃうんだよね〜本屋で売ってたら買うのに。


5分位経ってから、jamが戻ってきました。腕にはバンソコウ。ちょっと血が付いてて痛そうだ〜ビックリ!
jamも嫌だったのかブルブル微妙に震えてる。あんなに獣医さんに喜んで抱っこされてったのに(笑)
まぁ早く落ち着けよ〜。となでなでしてたら、その内 他のワンコが気になるようでバタバタと近くに行きたがる。元気なヤツめ〜!


30分位待ったかな。検査結果が出ました。
数値が下がっていて本当、一安心だよ。


この際だから獣医さんに色々と質問してみた。
(以下はウチのjamが通っている獣医さんの意見です。jamの肝機能の数値を考慮した内容です。他の獣医さんは違った見解があるかもしれませんし、他のワンコに当てはまるとは限りません)


カラオケ 楓 : 「フードは病院で処方してもらったのをあげてますが、数値が下がったので家に残っている今までのフードをあげても大丈夫ですか?」
病院 獣医さん : 「数値が正常値に下がってきているので、今フードを戻すとまた数値が上がる可能性があります。以前のフードはあげないで下さいね。そのまま病院のフードで様子をみて下さい」


カラオケ 「jamにジャーキーは食べさせない方がいいんですか?」
病院 「ジャーキーには添加物等が入っています。ジャムちゃんは添加物に弱い体質なので、食べさせない方がいいでしょう。」


カラオケ 「ではジャーキーがダメならオヤツは何をあげたらいいですか?」
病院 「ボーロとかは大丈夫ですよ。人間用のでね」
カラオケ 「甘さとかで人間用はダメなのかと思ってました〜。いいんですか?」
病院 「犬用は人間用より添加物等の基準が低いので、人間用の方がいいと思います。人間用のボーロで古いのとかを犬用にまわすヒドイ会社もあります。他に・・・例えばにぼしですが、酸化すると色が黄色くなってきます。人間用に出せなくなってしまったものをペット用のニボシとして再パッケージする会社もあります。もちろん全ての会社ではありません。一部でそういった事をする会社があるという事です。なぜなら犬用の検査基準が低いから、人間はダメだけど犬用ならいいか、と判断してしまう会社が一部あるということです。だから人間用の方が安心ですが、カロリーもあるのであげすぎないようにして下さい。」


カラオケ 「ジャーキーはお肉を加工したものだから添加物が入っていることは分かります。では牛や豚の皮やアキレスケン、牛の蹄はどうですか?」
病院 「できればあげない方がいいです。どれも加工したものだから、添加物の加工はあると思います。」
カラオケ 「jamは噛むのが好きなんですが、どれも全くあげてはいけないんですか?逆に何ならあげても大丈夫ですか?」
病院 「噛むのが好きなコで、どうしても噛みたいのなら・・・自分で蹄とかとってきて処理するのが安心なんだけれど・・・無理だから(笑)添加物を考えると、加工してあるものより豚ミミのような形が見えるものの方が安心ですね。」


カラオケ 「jamは赤ちゃんの頃、ヤギミルクをあげていて、その後 犬用牛乳をあげたりしてました。ヒト用の牛乳もあげたりしましたが、トクに下痢等しませんでした。牛乳はあげない方がいいですか?」
病院 「牛乳は合わないコもいるんだけれど、下痢をしなければ多少はあげても大丈夫。でも牛乳のカルシウムで尿路結石等になる場合があるのでほどほどに」
カラオケ 「例えばどれくらいですか?」
病院 「ジャムちゃんは体重3.5kgだとしたら、ヒトでいったら35kg位だと考えてね。そうすると牛乳を大さじ1杯ジャムちゃんに飲ませたとしたら、ヒトなら大さじ10杯飲んだと考えて。もしジャムちゃんに今コップ1杯を飲ませているなら多すぎ。ヒトはコップ10杯も牛乳を飲まないでしょ。そうやって考えて与えてみてね」


この会話はジャム用だけれど、とっても勉強になったっちぶたちゃん。手(チョキ)

こんなに添加物の注意を受けたんだから、相当添加物に弱い犬なんだろうなぁjamは。
のん気にジャーキーを与えられないなんて、ちょっと不便だわあせあせ(飛び散る汗)

添加物の多く入ったものはなるべく控える。堅い噛む食べ物を与えたかったら頻繁にはあげない。こんな感じかなぁ。残ってるサツマイモのササミ巻きとかはササミが問題だよな〜。2〜3日に1個なら大丈夫かな。△□社のパピー用フードの時にササミ巻きをあげても全然吐かなかったしね〜。△□社の成犬用のフードに切り替えたら吐いちゃったんだし、その成犬用フードにjamには合わない添加物が入ってたのが今回の発端だからね。

薬も1ヶ月分でたけれど、吐かなければ再々検査はしなくてOKって言われたしねるんるん
体質に合わない添加物入りの食べ物を食べて、で数値が上がって吐いちゃうのがいけないんだもんな。

これから当分、jamのオヤツ研究がはじまりそう〜
なるべく添加物の少ないやつか・・・
でも本当、数値が下がってよかったラブラブハートたち(複数ハート)


美味しいのをヨロシク〜♪

なんか美味しいヤツを探してね!ヨロシク〜るんるん


善処しますにゃ 目



ポチッとしてくれたらjamも小躍りします♪  ←数値の下がったjamにおめでとうのポチッしてくれたらうれしいっす☆

posted by kaede at 16:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | jam★健康

2005年12月04日

呼吸も変なんです・・・

肝機能障害とjamの病気が分かった時に、動物病院で他にも気になってたことを質問した。

楓:「たまにヒュックヒュック言うんです。吐くのかと思うとそうじゃないし、しょっちゅうじゃないんですけど急に過呼吸のような感じになるんです。大丈夫でしょうか?」

動物病院の先生:「気管には、食べ物を食べた時にそれが肺の方にいかないようにする蓋があるんだけれど、jamちゃんはそれが大きいのかもしれませんね。すぐ治まるようなので特に大丈夫ですが、もし同じような状態になったら、落ち着くように背中をさすったりしてあげてください。」

・・・とりあえず大丈夫そうなのでよかったよ〜ぴかぴか(新しい)
jamはMIXでお金もかからず健康犬だと思ってたのに
想定外(2005年流行語大賞!)だわ。


「なんとか肥大」とも言ってたのでネットで調べてみる。

喉頭蓋っていうのが蓋の役割をするようなので喉頭蓋肥大とでも言うのだろうか?探してもそんな病名は特になかったたらーっ(汗)

当てはまりそうなのは軟口蓋過長って症状。
のどの咽喉頭部にある蓋がふつうより長いため、気道に空気を送るさまたげとなりおこる。呼吸困難をおこしやすい。とある。
短頭犬に多いらしい。jamはそんなに短頭じゃない気がするけど、パグとかみたいにね。まぁ小型犬だしな〜短頭かひらめき
症状としては寝てる時にいびきをかくのが特徴的のようですが、jamはいびきをかかないのだ。

あと、肥満になると太っただけに気管が圧迫されて呼吸がしにくくなるらしい。
今は痩せちゃったし、もともと太ってなかったので、jamはこれに当てはまらないか〜



とにかく喉の辺りの蓋が大きいという事で、
これも暖かく見守るしかないなぁふらふら
太るとひどくなりそうなので、気をつけないと〜exclamation

やっぱり元気が1番よね〜手(チョキ)


鼻っ面は長いかな?短いかな?

わたし短頭かしら?? ん〜どうかなぁ?!



ポチッとしてくれたらjamも小躍りします♪  ←jam。も人気blogランキングに参加中☆

こちらもポチッとしていただけると jamがますます踊ります♪  ←PetLinksにも参加しました☆
posted by kaede at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | jam★健康

2005年12月01日

吐きまくり!!

11月半ばのこと。

金曜の夜。
土曜の朝、夜。
日曜の朝、夜。
月曜の朝。

ご飯を食べると早くて30分、時間がかかっても2時間の内にjamは毎食吐いていました。


ちっちゃい頃に初めて吐いた時にはびっくりして、ネットで調べたり、ショップに聞いたりと大慌てをしました。

その時は、「吐いた後に戻したのを食べたり」その後「元気にしていれば」特に大丈夫。お腹が空き過ぎても吐くと知り、吐いたのも数回でたまにだったし、元気だったので様子を見て、大丈夫と判断しました。


でも今回は毎食吐いた。
元気なんだけれど、いつもとはちょっと違う感じ。

でもやっぱり元気に走り回ったりもするので大丈夫かなぁ・・・と思いつつ金曜日から日曜日と様子をみていたんだけれど、日曜日の夜も吐いてしまったので明日(月曜日)動物病院に行こう!と決めた。



月曜の朝もまた吐いてしまったので、jamの調子を見ながら動物病院へ。
病院までの道のりは、抱っこしてると歩きたがって暴れるのでるので、細い道に行ってから下ろしてあげるとウキウキ歩く。
元気に見えるだけに、どこが悪いのかさっぱりわからない・・・

そういえばフードを子犬用から成犬用に変えたからかな?
他には思い当たらない。


動物病院で先生に診てもらう。
体重は3.75kgあったのに3.4kgに落ちていた。
微熱もちょっとあるみたい。

先生から「血液検査をしますか?注射を打って様子を見ますか?」と聞かれ、原因がはっきりしたほうがいいので血液検査をお願いしました。
「検査結果がでるのに時間がかかるし、少し様子を見たいので2時間ほど預かります」と言われ病院を後にした。


歩きながらあん吉くんと悪い想像ばかりしてしまう。
でもあんなに元気なんだから・・・とお互いに励ましあったり微妙な2時間。



検査結果を聞くために病院に戻る。




検査結果は・・・  肝機能障害でした。

GPTという数値が通常の犬は13〜53なんだけれど、
jamは113もありました。
たしか、小さい頃も73と高かったんだけれど、その時は先生から「この位なら大丈夫でしょう」と言われていた。

先生から「ジャーキー類をたくさん食べさせなかったか?」と聞かれる。
細長いジャーキーはあまり好きじゃないので最近食べてなかったのだ。
だってね、細いジャーキーを1cm位づつちぎってはプッと捨て、ちぎってはプッと捨てを最後まで繰り返して、結局食べなかったりするのだ(笑)

で、ジャーキーを食べてないとすると・・・大人用に変えたフードが合わなくて、肝臓が受け入れないのかも。ということで、病院でフードと薬を出してもらい様子を見ることになりました。


薬を飲み始めて2週間。
その後は吐くこともなく安静!

散歩は15分位で控えるように言われたけど、最近ちょっと長く歩ってしまった〜
安静中なのにね。お散歩大好きなjamだから・・・歩かせたくなっちゃうし、ウロウロ元気なのよね。でも、薬が終わってもう一度検査してみて、いい結果が出るまでは大人しくしなくっちゃ〜。


わ〜ッ新しいフードだ!!・・・もう食べていいかな?まだ待てなの!?

元気なんだけどね?!・・・もう食べていい??


肝臓が悪いなんてもしかして・・・  

ひとりで留守番するの淋しくってお酒飲んでた??



ポチッとしてくれたらjamも小躍りします♪  ←jam。も人気blogランキングに参加中☆

こちらもポチッとしていただけると jamがますます踊ります♪  ←PetLinksにも参加しました☆
posted by kaede at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | jam★健康